ビルベリーの育て方と栽培法

ビルベリーのサプリメント

ビルベリーは、アントシアニン量が豊富でヨーロッパ諸国でも人気のブルーベリー種です。

ビルベリーTOP > 育て方と栽培法

ビルベリーの栽培について

ビルベリーは、ブルーベリーの原生種といわれ、北欧の森林や草原のほか、カナダや北米の砂地といった低木樹地帯に自生します。

別名ホワートルベリー、ヨーロッパブルーベリーとも呼ばれ、ブルーベリーの野生種になります。

ビルベリーの果実がなる夏は北欧では白夜の時期にあたり、大量の紫外線から実を守るため、自然と果皮が厚く、黒紫色の果実ができます。

そのため、ビルベリーは果肉全体に青紫の色素成分『アントシアニン』が含まれており、その量はブルーベリーの約3~5倍を誇っています。

ビルベリーは初心者でも育てやすく、ブルーベリーと同じような栽培法で育てることができます。

ビルベリーの苗

ビルベリーを育てる際は、苗木が売られているので、生きのいい苗木を園芸店で購入しましょう。

通販では1500~3000円ほどで売られていますが、ブルーベリーと混同して売っている場合もあるので、注意が必要です。

苗の大きさは、ブルーベリーを小さくした樹高20~40cmほどで、果実は果肉全体まで青紫色をしており、花はピンクの釣鐘状の形をしています。

また、ビルベリーの収穫期間は8~10月の暑い時期になりますが、気温が低い時間帯に収穫するのが望ましいです。

ビルベリーの育て方

ビルベリーの植えつけ時期は、9月中旬から12月上旬の秋植えか、温かくなる3月ごろの春植えになります。寒冷地では春植えがベストです。

植え付け用土は弱酸性土壌で、ピートモスを混ぜた土を使用します。

ビルベリーは日当たりと排水のよい場所を好みますが、夏の西日は苦手なので、直射日光を防げる木陰に置くとよいです。特に、夏の乾燥には注意が必要です。

鉢やプランターでの栽培は、用土表面が乾いたら水が流れるまでたっぷり水を与え、庭植え栽培では、乾燥を防ぐために根元に腐葉土などを敷いてあげましょう。

肥料は、3月と収穫後に速効性化成肥料を与え、12~2月にかけて有機肥料(油粕)を与えてましょう。果実をつけると病害虫が発生することもあるので、見つけたら捕殺しましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ビルベリーのサプリメントランキング All Rights Reserved.